かものはしのたわむれ

島とバイクとプログラムと何か

かものはしの島巡り(7) 〜 愛媛・釣島編

どうも、かものはしくれです。

Twitterまとめて記事作るの楽すぎて依存症。

朝9時過ぎのフェリーに乗ると、15時半頃に帰りのフェリーが来るまで約6時間半の島流し状態になります。

幸い自販機や商店はあるので日干しになることはないとは思いますが、品揃えは期待するだけ野暮なので不安があるなら事前に必要なものは買い出しして行きましょう。

まあ僕は港に原付置いてきた時に弁当忘れてきたんですが

このときは炭酸飲んで空腹感ごまかしたましたが、ここのお店で買い物しときゃよかったな。

旅慣れていないせいか面白そうなポイントをことごとく外している。反省。

約1時間で歩いて一周できるくらいの小さな島。

BGMがただひたすら波の音、SEでトンビとか。

平和、平和過ぎる。

唯一の観光資源(らしきもの)、釣島灯台

この平和過ぎる、ひいては何もなさ気な釣島であえて見に行くべきものがあるとすれば灯台でしょうか。

釣島灯台旧官舎 松山市ホームページ

旧官舎の内部、↑で見る限りなかなかいい感じなんですが、公開日は地元の広報紙でお知らせします、って…。

外から観光客呼ぶ気ないんかな?

灯台って結構コアなファンの方が多いみたいで、この日も釣り客のじいちゃん連中に混じってひとりで船降りた女性が延々写真撮ってたりしたし、地元の方に話聞くとわざわざ静岡から来て写真撮って帰ったって方もいたみたいだし。

そのへん掘り起こしたら結構なPRになると思うんですけどね。

松山市の広報、無能。

ほんとのどかで良い光景なんですけどね。

廃校 + 乗り物 + 神社 とかいう俺得3点セット

僕は灯台のよさは正直あんまりよく分からないんですが、いくつか島を巡ってる中で灯台より興味を惹かれるものをいくつか見つけまして。

そのひとつが廃校

僕自身、以前記事を書いた中島の小学校に2年間だけ通っていたことがありまして。

その学校も過疎化の影響で廃校になり、現在は島内に3つあった小学校がすべて1箇所に統合されているんですが。

自分がかつて通っていた学校が廃墟になってる姿見るのって結構クルものがあるんですよ。

廃校リニューアル50選:文部科学省で取り上げられているようなところや、興居島のように上手く再利用されているとまだ救いがあるんですけど、この釣島のようにあまり手入れがなされていない校舎や校庭を見ると物悲しくなるというか。

諸行無常・侘び寂びの世界じゃないですけど、そういうのに近いものを感じてしまうんですよね。

ちなみに僕が通っていた学校は、建物は廃校当時のままで、校庭では地元のご老人方がグラウンド・ゴルフとやらに興じておられました。

かつて自分が走り回ってた場所が20年ちょっとの間にお年寄りの社交場になってる見てると、何か自分が一気に年取っちゃったような感覚になっちゃって。

…とまあ個人的な思いはともかく、今後の島巡りでは各地の学校にも注視していこうかなと。

あともうひとつ、目につくことが多いのが古いバイクやら昭和の遺産的な乗り物やら。

もうすぐ平成が終わろうかというこのご時世に、この三輪車が絶賛稼働中の風景が日本にはあるんですよ。

写真は取り逃したんですが、これと同じような車の荷台に農業用具とおばあちゃん乗せて農道をパワフルに(時速10キロくらいで)上っていくおじいちゃん、

めちゃくちゃカッコ良かったです。冗談抜きで。

アレ乗るの何か特別な免許いるのかな?乗れるもんなら一度は乗ってみたい。

で、最後は以前の記事でもちょっと触れた「お社」。

釣島のものは小ぶりでしたが、これはこれでいいもんだなあと。

この3つは数が集まれば単独で記事書きたいくらい気になってます。

マジで何もない、ただ時間だけがある

…てな具合で、滞在中に長文ツイート連投するくらい時間を持て余してましたw

人間暇を持て余すと思考なり創作に耽るようになるというか、平安貴族の気持ちがなんとなくわかったというか。

「何もしない」を楽しむ。

30年以上生きてきてわからなかった感覚が、なんとなくわかった気がした経験でした。

三津浜港・高浜港のちがい

文学的素養はあんまりなさそうな僕のポエムばっか垂れ流しても仕方ないので、少しは役に立ちそうな情報をちょろっとだけ。

松山市には三津浜港高浜港の2つがあるんですが、この2つの港、車やバイクだと10分かそこらで行ける距離なんですね。

行き先も忽那諸島で被ってるし、地元民の僕もそんなに違いを意識してなかったんですけど、乗船直前になってツイートのようなトラブルがあったりしたので(単なるリサーチ不足)。

これから忽那諸島行ってみたい!という方のためにアドバイスしておくと、

三津浜港 高浜港
行き先(忽那諸島以外) 柳井(山口県) 興居島
船の種類 フェリー フェリー+高速艇
車両の乗り入れ 興居島以外は不可
最寄り駅からの距離 結構ある 近い

一言で言えば 三津浜港 = 大きめの観光客重視 / 高浜港 = 島民の利便性重視って感じですかね。

港自体が比較的大きい三津浜港は、駐車場も広くて車でのアクセスに適したところ。

対して高浜港は駅に近く、徒歩で来ても市内に電車一本でアクセスできる。

フェリーに車積むと高くついてしまうので、島民の方はちょっとした用事なら電車使ったほうが都合がいい。

そういう事情があっての役割分担なんじゃないか、と個人的に勝手に考えてます。

なので松山近郊から車やバイクで来られる方は三津浜港遠方から体ひとつ(or自転車ひとつ)で来られる方は高浜港みたいな感じで覚えておくといいと思いますよ。

だいぶ長くなったのでこのへんで。まだまだブログ書くのこなれない。

www.ritograph.com